日本陸軍軍医学校防疫研究報告報告抄録
担当者氏名 岡田麗江
作成年月日 2004.9.30
 
著者 北條園了
著者肩書 陸軍軍医学校防疫研究室 陸軍軍医少佐
著者2 田村乙一
著者2肩書 陸軍軍医学校防疫研究室 雇員
著者3  
著者3肩書  
表題 現行陸軍予防接種液の効果に関する実験 第二回
副題 チフス・パラチフスAB及ゲルトネル 四種混合予防接種液の効果に関する実験 其二
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
1
種類 原著
分類1 342-34
分類2 351-34
分類3 434-4
分類4  
受付 14.12.13
印刷数 241
米国メモの有無
米国メモ 長方形図形の中に     ・JUL23   (他の字は読解不能)
開始頁 1
終了頁 14
索引用人名 北條圓了 田村乙一 石井軍医大佐
索引用方法 家兎免疫血清の免疫効果  活動性免疫効果
索引用材料 4種混合予防接種液 3種混合予防接種液 伝染病予防研究所腸チフス・パラチフス混合予防接種液 北里研究所製チフス菌パラチフス菌混合予防接種液 鳥潟免疫研究所製腸チフス、コクチゲン 家兎 白色マウス
索引用対象名  
索引用疾病名 体重の減少率 下痢
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦) 0
参考文献(欧) 0
0
11
 
背景 第一回試験で現行陸軍予防接種液中、4種混合予防接種液と従来の3種混合予防接種液の効果を比較し、4種がフォルマリン減毒で含有菌量を増量し、注射回数2回と注射完了期間を短縮、抗原性能力稍増強され予防効果増大、ゲルトネル菌を加えて予防範囲を拡大し、稍優れているとした。
目的 代表的類似予防接種液である伝染病研究所、北里研究所、鳥潟研究所の製品をえて、これらによって家兎とマウスを同一条件の下に免疫し、その抗原性能動力を現行チフス等4種混合予防接種液と比較する。
方法 提供された各予防接種液で家兎、白色マウスを同一条件のもとに免疫し、家兎免疫血清の免疫効果、マウスによる活動性免疫効果、抗原注射の動物に及ぼす影響の測定。家兎の免疫方法は、各予防接種液を人体に用いる同一量を同一回数(2回)耳翼静脈内に注射。
材料あるいは対象 陸軍軍医学校チフス菌、パラチフスA及びB菌、ゲルトネル菌の4種混合予防接種液1号液(1t中含有菌量合計2r)、2号液(1t中含有菌量合計4r)、伝染病研究所腸チフス、パラチフスA・B混合予防接種液(1t中含有菌量合計0.3r)、北里研究所製チフス菌、パラチフス菌混合感作ワクチン(1t中含有菌量合計1.6r)、鳥潟免疫研究所製腸チフス、コクチゲン1t中2.0r。家兎 白色マウス
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 家兎免疫血清の凝集反応結果は、陸軍軍医学校による凝集価が最も高く、鳥潟免疫研究所によるものが最も低い。また、家兎免疫血清の受動性免疫効果も陸軍軍医学校によるものが効果大で、伝染病研究所、北里研究所の順に弱く、鳥潟研究所が最も少ない。凝集価の問題では、陸軍軍医学校の予防接種液には、ゲルトネル菌を含むので当然高くなり、他のものとの比較は妥当ではない。しかし、腸管伝染病に対する予防効果の範囲の広い事が言える。活動性免疫効果も陸軍軍医学校によるものが最も生存率高く58%。伝染病研究所、北里研究所38%、鳥潟免疫研究所20%であった。各予防接種液により免疫された動物体への影響は体重減少率、下痢などあるも大差はない。
考察 「成績の差は供試各予防接種液の含有菌にたいして考慮すべきである。各予防接種液で免疫した各動物体に及ぼす影響はいずれも大差をみず」
結論  
備考 (1p.表の上、表の最下段 2p.ゲルトネル菌量 の3カ所黒塗りあり)