担当者氏名 西山勝夫
作成年月日 2007/8/14
報告フェース情報
著者 石井少将
著者肩書 陸軍軍医学校防疫研究室主任
著者2 内藤 良一
著者2肩書 陸軍軍医少佐
著者3  
表題 独逸陸軍の野戦無菌濾水機
副題
 出典著者 内藤が独国駐在中に弔させるものにして別に陸軍大臣に報告せり。
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
112
 
種類 叢報
分類1 159
分類2 894
分類3 234
分類4  
受付 16.4.9
印刷数 400
米国メモの有無
米国メモ  
終了頁 209-8
索引用人名 Schreiler
索引用方法  
索引用材料  
索引用対象名 Seitz式濾水機、Berkefeld濾水機
索引用疾病名  
索引用地名 ドイツ、Reihn地方Krenznach、
索引用その他  
参考文献(邦)
参考文献(欧)
14(各所で写真は重なっている)
 
抄録様式1
背景 独国においては一般に民間に優れたる工場あり。制式の採否の決定等の事務は国防省医務局が管掌し、軍医大学はこれに関与せず。
目的 ドイツの状況の分析
方法 比較考量
材料あるいは対象 濾水機
研究対象(実施)年月 内藤のドイツ駐在時
場所 ドイツ
結果  
考察 独軍においても現在Berkefehlの採用に関して再考を加えつつあり。
結論  
抄録様式2
抄録 Seitz式濾水機、Berkefeld濾水機の仕様概要を記載し、比較考量後、独軍においても現在Berkefehlの採用に関して再考を加えつつありと結論している。Seitz式濾水機について、優れているものの石綿の消費量が多く、石綿の調達困難が難点として挙げられている。
注目すべき事項
本文中  
図表  
その他 号数と頁数の不一致
脚注・注釈  
備考  
担当者の考察 特記すべきことなし。