日本陸軍軍医学校防疫研究報告抄録
担当者氏名 岡田麗江
作成年月日 2006.1.25
著者 平野晟
著者肩書 陸軍軍医大尉
著者2 (担任指導 内藤少佐)
著者2肩書  
著者3  
表題 細菌浮遊液の粘稠度について小実験
副題  
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
118
種類 原著
分類1 312-
分類2 394-
分類3 395-001
分類4  
受付 16.5.6
印刷数 400
米国メモの有
米国メモ  
開始頁 221-1
終了頁 221-4
索引用人名 平野晟 内藤少佐 石井少将
索引用方法 Hess式粘稠度計(Viscosimeter)
索引用材料 チフス菌(T6号株) メヂゥム(生理的食塩水)
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦 0
参考文献(欧 1
2
1
背景 細菌は、植物性ゾルまたはゲルよりなり、その浮遊液は乳濁液として取り扱われるもので、粘稠度も高く、その濃厚浮遊液の無菌的分注操作は困難である。特殊方法による生菌の保存に関する研究に従事しているので、菌苔の希釈、菌液の特殊アンプラへの無菌的分注操作等に常に容易でないと感じている。
目的 生菌の無菌的分注操作を簡易にするため、分注装置の改良考案するために、チフス菌の菌液の各種濃度の粘稠度を測定する。
方法 Hess式粘稠度計をもちいる。この計測器はPoiseuilleの法則に基づいており、蒸溜水との比較的粘稠度(relative Viscositat)を測定。
材料あるいは対象 防研保存のチフス菌(T6号株)24時間寒天斜面(pH7.4)培養菌、メヂゥムは生理的食塩水
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 実験式log入=KCとなる。 入…粘稠度log入=0.447  C…1cc中の菌量ー0.194  K…恒数=2.304
考察  
結論 チフス菌浮遊液で、Hess氏粘稠度計の測定範囲において、比較粘稠度はlog入=2.304Cの方程式。入…比較粘稠度  C…菌液の濃度、1cc中の菌苔量g
備考