担当者氏名 三宅貴夫
作成年月日 2005/10/10
報告フェース情報
著者 植村肇
著者肩書 陸軍軍医学校防疫研究室(主任石井大佐)、陸軍軍医中尉
著者2 谷山直記
著者2肩書  
著者3  
表題 昭和14年7月名古屋工廠における腸チフス患者発生に関する調査
副題  
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
第2部137号
有り
種類 原著
分類1 435-2
分類2 339-35
分類3  
分類4  
受付 S17.8.24
印刷数 400
米国メモの有無 無し
米国メモ  
頁数 25
索引用人名  
索引用方法  
索引用材料  
索引用対象名  
索引用疾病名 腸チフス
索引用地名 名古屋
索引用その他 流行
参考文献(邦)  
参考文献(欧)  
4
21(別に写真5)
抄録様式2
抄録 陸軍造廠名古屋工廠熱田工場で昭和14年6月初旬より7月初旬にかけて集団発生した腸チフスについて、陸軍軍医学校よりの命令により7月6日より10日まで援助を行った著者の報告書である。7月2日までに発病者数84名、このうち死者8名であった。熱田工場全員約8000人、炊事場従事者と家族、出入り商人の検便、鼠などの媒介物の検査を行った。集団発生の経路を明らかにできなかったが、市内保菌者が持ち込んだものと推測している。今後の対策として、炊事関係者の菌検査、予防接種など行うことを勧めている。
注目すべき事項
本文中  
図表  
その他  
備考  
担当者の考察 特になし