日本陸軍軍医学校防疫研究報告報告抄録
担当者氏名 岡田麗江
作成年月日 2004・9・30
 
著者 北條圓了
著者肩書 陸軍軍医学校防疫研究室  陸軍軍医少佐
著者2 新保信一
著者2肩書 陸軍軍医学校防疫研究室  雇員
表題 「チフス菌抗元に関する研究 (其2)」
副題 チフス菌体蒸留水浸出成分の抗原性に就て
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
16
 
種類 原著
分類1 435-4
分類2 345-35
分類3 342-35
分類4  
受付 14.12.13
印刷数  
米国メモの有無
米国メモ 「ceed   196025-16 ”Reserch on the Antigens of Eberthella typhosa; Part 2” ”The Antigenicity Distilled Water Suspensions of Eberthella typhosa”,Maj HOJO Enryo,SHINPOShinichrou,Department of Epidemic Control,Army Medical College,13 Dec 1939,16 pp
開始頁  
終了頁 16-16
索引用人名 北條圓了 新保信一 石井大佐
索引用方法 チフス菌体蒸留水浸出抗原製造 フォルマリン減毒抗原の製造  免疫効果試験
索引用材料 チフス菌南第6号菌 蒸溜水浸出抗原 フォルマリン減毒抗原 上清透析液 洗浄菌体液 石井式培養缶 マウス
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦) 0
参考文献(欧) 0
2
12
背景


目的 1.チフス菌体を蒸留水にて浸出し、其の成分とその他の菌体成分との抗原性を比較し、抗原性のチフス接種液としての価値を検討する。 2.チフス菌を蒸留水で浸出し、それにフォルマリン0.4%に加え減毒処理をした成分の抗原性を検査し、腸チフス予防抗原としての価値を検討。
方法 チフス菌体よりの蒸留水浸出抗原7種製造、また同一の蒸留水浸出成分にフォルマリン0.4%加えて、減毒処理した9種の抗原を製造。これらの抗原を用いて免疫効果試験を行う。
材料あるいは対象 チフス菌の南6号菌 其1の実験;チフス菌の蒸留水浸出抗原製造過程で採取した7種の抗原(原液;1cc中500mgの濃厚な菌液 原液乾燥粉末 菌体液;洗浄菌体液白色菌液1cc中500mg 菌体乾燥粉末 上清液 上清透析液 上清透析後アセトン処置粉末) 其2の実験;フォルマリン減毒抗原製造過程で採取した9種の抗原(原液;1cc50mgの菌液 原液乾燥粉末 上清液 上清乾燥粉末 菌体液;白色洗浄菌体液、1cc中500mg 菌体乾燥粉末 透析上清液 透析上清乾燥粉末 アセトン処理上清乾燥粉末) マウス 家兎免疫血清
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 其1:毒力は粉末抗原では上清透析液アセトン処理粉末がもっとも強く、次いで原液粉末。液体抗原では上清液最も強く、菌体液最も弱い。抗原性能力は家兎免疫血清への血清反応は原液及び菌体液とその系の乾燥粉末免疫血清の反応が他より著明。マウスへの活動性免疫性効果は原液系と上清系統の抗原が良好な成績である。 其2:フォルマリンによる減毒は1/2程度で著明な減毒ではない。毒力は透析上清乾燥粉末とアセトン処理上清乾燥粉末抗原が最も強い。液体抗原では原液最も弱く、透析上清液が最も強い。抗原性能力は、マウスへの抗原の活動性免疫効果は透析上清液及其の粉末抗原が最も有効。原液を除けば上清系統の抗原は菌体抗原より遙かに免疫元性は大なり。
考察  
結論  
備考