日本陸軍軍医学校防疫研究報告抄録
担当者氏名 岡田麗江
作成年月日 2005・11・19
著者 内藤良一
著者肩書 陸軍軍医少佐
著者2 児矢野福太郎
著者2肩書 陸軍軍医学校軍陣防疫学教室
著者3  
表題 「ペプトン」の細菌学的研究
副題 第3報 市販31しゅ「ペプトン」に於ける腸管病原菌毒力維持と細菌増殖能力との綜合関係 両要項よりする
  市販ペプトン」の採点
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
187
種類 原著
分類1 314-6
分類2 430-1
分類3  
分類4  
受付 16.11.25
印刷数 不明
米国メモの有
米国メモ  
開始頁 187-1
終了頁 187-8
索引用人名 内藤良一、 児矢野福太郎、 石井少将
索引用方法  
索引用材料 市販31種ノペプトン、 チフス菌、 赤痢菌本型、
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦 2
参考文献(欧 0
6
3
背景 大量培養に適するペプシンは毒力を維持せず、毒力を維持するペプトンは大量培養の目的には適さない経験があるもまだ、これに関する系統的実験はなく、内外文献に微するも記載をみず、ペプトンの選定上早期に解決を要する問題である。
目的 内藤と児矢野、中井、内藤等両者の成績を縦より統合観察し、市販各種ペプトンの細菌毒力維持性と細菌増殖能力との相互関係を確かめると共に2観点より「ペプトン」の序列採点をおこなう。
方法 (1)資料第1を縦座標に、(2)資料第2を横座標にとって、各種ペプトン」の占める位置をグラフ上に表す。
材料あるいは対象 市販31種ノペプトン、 チフス菌、 赤痢菌本型、
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 チフス菌、赤痢菌において市販各種ペプトンの毒力維持性と細菌増殖能力との間には関係はない。ペプトンの価値は一般に細菌毒力維持性と増殖能力1,2要項の合計として評価されるべきものとする。この観点から各種ペプトンにたいする序列付与を試みた(本文第8表に示す)。
考察  
結論  
備考