日本陸軍軍医学校防疫研究報告抄録
担当者氏名 岡田麗江
作成年月日 2004・9・30
 
著者 北條圓了
著者肩書 陸軍軍医学校防疫研究室 陸軍軍医少佐
著者2 新保信一
著者2肩書 陸軍軍医学校防疫研究室 雇員
表題 「チフス菌抗元に関する研究 其一」
副題 「チフス菌体蒸留水冷浸成分の抗原性について」
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
2
種類 原著
分類1 435-4
分類2 342-35
分類3 345-35
分類4  
受付 14.12.13
印刷数 241
米国メモの有無
米国メモ  
開始頁 1
終了頁 11
索引用人名 北條圓了 新保信一 石井軍医大佐
索引用方法 家兎免疫血清 人体免疫血清
索引用材料 チフス菌Y抗原菌株 生菌冷浸ワクチン 洗浄菌体ワクチン 人体
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦) 0
参考文献(欧) 0
0
9
背景 チフス菌のY抗元を有する菌株から、抗原を破壊しないで抽出し、腸チフス予防抗原の改良の資料とするため、生菌冷浸ワクチンを作成している。
目的 生菌冷浸ワクチンで家兎、人体を免疫し、その抗原性を検査する。又同一菌によりコクチゲン、洗浄菌体ワクチンなども作成し、対照ワクチンとそれらとの抗原性を比較する。
方法 免疫効果試験 人体免疫方法は、家兎と同一量を同一間隔で2回接種し、最後の注射後2週日後に検査に供する。抗原接種の人体に及ぼす影響の観察。
材料あるいは対象 「当研究室保存の「チフス菌たる南6号菌を使用」 生菌冷浸ワクチン コクチゲン及び洗浄菌体ワクチン 生菌冷浸ワクチンとチフス菌煮沸ワクチンの混合ワクチン 伝染病研究所腸チフスワクチン 陸軍軍医学校旧法腸チフスワクチン 対象:家兎( 体重2000g〜3000g)、マウス(体重12g内外のもの)、 当研究室職員中19名(小田切、龍崎、石開、高根澤、川口、上田、鈴木、北條、新保、納、丸中、伊藤、宮田、古田、瀬尾、横田、石井(文)、木村、大石)
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 各抗原の毒力は、生菌冷浸ワクチンが最も弱く、コクチゲンは最小致死量0.1tで最も強い。家兎免疫血清の凝集価で生菌冷浸ワクチンは他に比し低く、洗浄菌体ワクチンより低い。受動性免疫効果では、生菌冷浸ワクチン免疫血清が67%生存率で最も高い。人体免疫血清の凝集価は、コクチゲンや混合ワクチンが高く生菌冷浸ワクチンが稍低い。しかし対照の伝研ワクチンと同等である。受動性免疫効果は、混合ワクチン注射免疫血清が40%で最も良く、コクチゲン最も低く、生菌冷浸ワクチンによるものは、33%で伝研、医校旧法に稍近い抗原性である。抗原接種の人体への影響は、一般症状、局所症状(発赤、疼痛、腫脹あり)は大差ないが、体温yまくの変化では、生菌冷浸ワクチンは全く動揺なく、伝研、医校旧法は稍著明な変化を見る。
考察  
結論  
備考 (1.p.表の外上、表の最下欄、 2.p.3箇所黒塗りあり)