日本陸軍軍医学校防疫研究報告抄録
担当者氏名 岡田麗江
作成年月日 2006.1.25
著者 内藤良一
著者肩書 陸軍軍医少佐
著者2 中井俊夫
著者2肩書 嘱託
著者3 児矢野福太郎
表題 「ペプトン」の細菌学的研究
副題 第5報 市販31種ペプトン」に於ける破傷風菌毒素産生能並びに其と各「ペプトン」の窒素分劃との関係
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
211
種類 原著
分類1 314-49
分類2 426-1
分類3 426-4
分類4  
受付 17.1.20
印刷数  
米国メモの有
米国メモ  
開始頁 211-1
終了頁 211-18
索引用人名 内藤良一 中井俊夫 児矢野福太郎 石井少将
索引用方法 流動パラフィンによる下重層 ベルケフェルトX型濾過管 筋肉注射後針が後肢えきか皮下に注射
索引用材料 破傷風菌No.1株 ペプトン 牛肉水のブイヨン 牛肝片
索引用対象名 独逸マウス
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦 2
参考文献(欧 0
23
5
背景 第3,4報では、該菌毒素産生能はペプトンの消化分解程度との間に一定の関係がないことが判明した。該菌は好気性であったが、嫌気性菌でも検討してみる必要がある。
目的 マウスの破傷風菌毒素50%致死量と劃ペプトンにおける破傷風毒素産生能と各ペプトンの窒素分劃との関係を知る。
方法 培地(牛肉水、各ペプトン、食塩を加え、PH6.5前後)に1.0%ブドウ糖加高層寒天に穿刺したものを少量づつ加え培養する。精製毒素をマウスに0.2cc宛皮下接種し、5日間観察する。
材料あるいは対象 31種の市販ペプトン 牛肉水 流動パラフィン ベルケフェルトX型濾過管 
研究対象(実施)年月 体重12g内外の飼育健康独逸マウス
場所  
結果 致死終末点決定にReed-Muench50%致死終末点計算法によると、proteose,Gehe-Peptonのようにヂフテリア菌毒素産生能で最良だったものが本試験では最低を示す。グラフの縦軸に破傷風菌毒素のmausu50%致死量を、横軸に各種分劃窒素量をおいてみると、両者間に一定の関係はない。
考察  
結論 市販ペプトンに於ける破傷風菌体外毒素産生能と各ペプトンの窒素分劃との関係は一定の関係をみとめない。また市販ペプトンにおける破傷風毒素産生能とヂフテリア菌毒素産生能との関係も殆ど一定の関係は認められなく、むしろ破傷風菌毒素産生能の大なるものがヂフテリア菌毒素産生能の最小なものが存在する。
備考