担当者氏名 吉中丈志
作成年月日 2004/8/26
   
著者 小澤 清
著者肩書 陸軍一等軍医
著者2 井上 隆朝
著者2肩書 陸軍三等軍医正  
著者3 佐藤 大雄  
  陸軍一等軍医 
  菅原 敏
  陸軍一等軍医
表題 「鼻疽抗原に関する実験的研究」
副題 第ニ報 余等の所謂N.K.M.並にN.A.M.に就いて
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
陸軍軍医学校防疫研究室報告第二部 第222号 
種類 原著
分類1 443-5
分類2 345-43
分類3  
分類4  
受付 S15.2.26
印刷数 未記載
米国メモの有無
米国メモ  
開始頁 222-1
終了頁 222-6
索引用人名 小澤清 井上 隆朝 佐藤 大雄 菅原 敏 
  Halmann,Kalming,Kresling,Malzaff,Sacharroff,Preusse u Preis,Wladimiroff
索引用方法 毒性試験 皮内反応 免疫反応
索引用材料 R51號睾丸株 
索引用対象名 マレイン N.K.M N.A.M
索引用疾病名 鼻疽
索引用地名  
索引用その他 抗原性
種類  
参考文献(邦) なし
参考文献(欧) Halmann,Kalming,Kresling,Malzaff,Sacharroff,Preusse u Preis,Wladimiroff
2
2
抄録様式1
背景 免疫能力があり、診断用にも使えるマレイン様物質の調整
目的 筆者らが抽出した表記物質の抗原性の検討
方法 マウス、海溟、家兎に接種して炎症反応、毒性試験、免疫反応を調査
材料あるいは対 鼻疽菌(R51號睾丸株)より作成したN.K.M、N.A.M 実験動物はマウス 家兎 海溟
  N.K.M.:Neue Kocht-mallein(3%グリセリン寒天培養菌の食塩水浮遊菌液の煮沸液を濃縮したもの) 
  N.A.M.:Neue autolyse-mallein(3%グリセリン寒天培養菌の食塩水浮遊菌液から免疫原生物質を抽出濃縮したもの)
研究対象(実施)年月 s11.9
場所 陸軍軍医学校防疫研究室
結果 @皮内反応による毒性試験ではマレインに比し著しく弱い。
AN.K.M.とN.A.M.はマレインと毒性はほぼ同等。
  B家兎での免疫反応は強い。
考察 N.K.M.とN.A.M.による感染防御試験は白紙であるが、診断用への応用も期待され、この種の抗原は活用性価値がありそうだ。
結論 毒性と免疫原生はマレインよりも弱いが、血清反応は強い。
備考