担当者氏名 吉中丈志
作成年月日 2004/8/26
   
著者 小澤 清
著者肩書 陸軍一等軍医
著者2 井上 隆朝
著者2肩書 陸軍一等軍医
著者3  
表題 「鼻疽抗原に関する実験的研究」
副題 第四報 診断用抗原に関する研究
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
陸軍軍医学校防疫研究室報告第二部 第224号
種類 原著
分類1 443-5
分類2 350-43
分類3 351-43
分類4  
受付 S15.2.26
印刷数 未記載
米国メモの有無
米国メモ  
開始頁 224-1
終了頁 224-16
索引用人名 小澤 清 井上 隆朝 石井軍医正 Kline,schutz,Miessner,Baumgert,Schnuren,Lujus,Dedjulin
  Wladimiroff Bomome,Kenew,Pfeiller,Muller,Troester,Meyer,Mogler,Lenfelg,Tropp,Luhrs,Sussebach,
  Fonteine,Lutze,Schuheit
索引用方法 凝集反応 補体結合反応 沈降反応 架状反応 
索引用材料 鼻疽菌(R51號睾丸株) N.K.M、N.A.M マレイン
索引用対象名 鼻疽血清
索引用疾病名 鼻疽
索引用地名  
索引用その他  
種類 原文引用の場合は「」内に記載してください
参考文献(邦) 竹内 坂本
参考文献(欧) Kline,schutz,Miessner,Baumgert,Schnuren,Lujus,Dedjulin,Wladimiroff Bomome,Kenew,Pfeiller,Muller,
  Troester,Meyer,Mogler,Lenfelg,Tropp,Luhrs,Sussebach,Fonteine,Lutze,Schuheit
3
11
抄録様式1
背景 鼻疽は予防や治療が困難であるが、早期診断により多少の予後改善例があることから、診断用抗原の精製と
  評価が必要となっている。
目的 自家製抗原と他抗原との比較
方法 凝集反応 補体結合反応 沈降反応 架状反応
材料あるいは対 従来の抗原と筆者らの試製抗原
研究対象(実施)年月 s11.7
場所 陸軍軍医学校防疫研究室
結果 凝集原としては3%グリセリン寒天2日培養菌を生理食塩水1ccに対して1mg浮遊させ、100℃30分過熱後
  0.5%としてフォルマリン又はカルボールを加え氷室に保存。2ヶ月間は凝集性に著変なし。
  60℃加熱でもよいが、抗原調整上危険防止のため100℃加熱を採用。乾燥抗原(補体結合反応)は携行野戦用
  として推奨できるかもしれない。沈降抗原としてはN.K.M.は使える。
考察 基礎的実験なので実地診断的意義を確認するためには多数の罹患症例での検定が必要 。
結論 応用すれば日常の研究室作業上には支障なく使える。
備考