報告
陸軍軍医学校防疫研究室(主幹 石井軍医正)  
著者 井上隆朝
著者肩書 陸軍三等軍医正
著者2 菅原敏
著者2肩書
著者3 上条重作
著者3肩書
著者4 松本英雄
著者4肩書
表題 鼻疽抗原ニ関スル実験的研究
副題 第7報 家兎ニ対スル眼、鼻、及口腔粘膜ノ局所免疫試験  (昭和12年1月)
第225号
○秘
種類 原著
分類1 443-5
分類2 343-26
受付 15.2.26
米国メモ有無
開始頁 225-1
終了頁 225-4
索引用人名
索引用方法 鼻疽凝集反応、血清反応(凝集反応、補体結合反応)
索引用材料 雄性家兎、免疫用抗原
参考文献
0
2
評価(倫理) 0
評価(軍事) 0
   
抄録 鼻疽菌の侵入による全身に及ぼす影響を血清反応を以って判定し、この基礎的動物実験よりこの応用性を推論しようとした。
  7-10日後僅かに上昇傾向を見る.補体結合反応は軽度に溶血防止を示す。鼻疽菌付着時抵抗性については感染試験によら
  なければ最後の判定は不可であった。粘膜浸出液凝集反応陰性で実験範囲では凝集素を証明し得なかった。