日本陸軍軍医学校防疫研究報告抄録
担当者氏名 岡田麗江
作成年月日 2007.11.20
著者 久保田功
著者肩書 陸軍軍医大尉
著者2 小泉新吉
著者2肩書  
著者3  
表題 凍結真空乾燥法に依る大量チフス菌生存保存における乾燥度の菌生存に及ぼす影響
副題  
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
261
種類 原著
分類1 435-1
分類2 395-351
分類3  
分類4  
受付 17.3.7
印刷数  
米国メモの有
米国メモ  
開始頁 261-1
終了頁 261-9
索引用人名 久保田功 小泉新吉 石井少将
索引用方法 1年式血清乾燥機、日本電球製「レオライト」使用
索引用材料 陸軍軍医学校軍陣防疫学教室保存腸チフス菌(T6号株)、チフス菌生存乾燥用アンプラ
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦 5
参考文献(欧 6
1
8
背景 細菌の乾燥に対する抵抗についての報告が多い。内藤らは、一年式血清乾燥機を完成したので実験する。
目的 内藤等の設計した「チフス菌生存乾燥用アンプラ」を用い、大量の菌液を以て乾燥度の菌生存に及ぼす影響を知る。
方法 本校防疫部製造乾燥牛乳培地を8%の割合に水に溶解し、p.H72とした液1tに湿菌1gの比に混和。前述メジュム120tに分注し、-40℃アセトンで冷却乾燥後室温、真空で乾燥し、更にビセインで封じ、木箱に納め遮光し、氷室及び37℃孵函中に保存
材料あるいは対象 本室保存腸チフス菌(T6号株)の24時間培養函
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 凍結真空乾燥法によるチフス菌生存保存において、乾燥十分でなければ菌生存率著減、過度の乾燥も著減
考察  
結論 この凍結真空乾燥法はチフス菌生存保存において乾燥度は保存後の菌生存率に重大な影響がある。
備考