担当者氏名 吉中丈志
作成年月日 2004/10/2
   
著者 小澤 清
著者肩書 陸軍一等軍医 
著者2 井上 隆朝 
著者2肩書 陸軍一等軍医 
著者3 稲葉 徳太郎
著者3肩書 陸軍一等軍医 
表題 「コレラ菌の毒力増強に関する基礎的実験」
副題 「第一報 鶏卵培養をもっての基礎的実験」
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
陸軍軍医学校防疫研究室報告第二部 第292
種類 原著
分類1 438-3
分類2 438-1
分類3 322-38
分類4  
受付 S16.10.1
印刷数 未記載
米国メモの有無
米国メモ  
開始頁 292-1
終了頁 292-5
索引用人名 小澤 清 井上 隆朝 稲葉 徳太郎
索引用方法 鶏卵培養 毒力検定
索引用材料 モルモット
索引用対象名 コレラ菌5株 
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
種類  
参考文献(邦) 0
参考文献(欧) 0
0
1
抄録様式1
背景 各種病原菌の病原性は培養や動物体内通過によって二種の変化様式がある。培養によって病原性の減弱をあまり見ないもの(結核菌、腸内病原性菌)と一旦減弱するが動物体内通過にて強力となるもの(溶血性連鎖球菌、肺炎球菌)である。
目的 コレラ菌は概ね前者に属するが菌株によって病原性の減弱が著しいものもある。そこでコレラ菌の病原性(毒性)の向上を企図して実験をした。
方法 鶏卵で培養し、毒力検定にはモルモットを使用
材料あるいは対 コレラ菌5株
研究対象(実施)年月 S9.6.1より同年7.31
場所 陸軍軍医学校防疫研究室
結果 毒力は増強せず。
考察 鶏卵培養の状況を変えると毒力減弱が観られないこともあるため直ちに毒性維持上意義がないとは言えない。
結論 同上
備考