報告
陸軍軍医学校防疫研究室(主幹 石井軍医正)  
著者 井上隆朝
著者肩書 陸軍一等軍医
著者2 稲葉徳太郎
著者2肩書
著者3 小澤清
著者3肩書
表題 「コレラ」菌ノ毒性増強ニ関スル基礎的実験
副題 鶏卵培養ヲ以テノ実験 (昭和9年9月)
第292号
○秘
種類 原著
分類1 438-3
分類2 322-38
受付 16.10.1
米国メモ有無
開始頁 292-1
終了頁 291-5
索引用人名
索引用方法 鶏卵培養、人工培養法による毒性試験
索引用材料 「コレラ」菌種5株、家兎、「モルモット」、「マウス」
参考文献
0
1
評価(倫理) 0
評価(軍事) 0
   
抄録 各種病原菌の動物に対する病原性は不変でなく、同じ菌でも性質、環境状態で動揺し、動物個体性により著しく変異する。教室
  保存の「コレラ」 菌に就いて、毒性の向上を企画し実験を試みた。
  鶏卵内に「コレラ」菌を培養し増強を企画した。同一鶏卵内30日培養、数回通過培養,ふ化過程卵培養してその純培養を得て
  「モルモット」に対する毒力を検定し、処置以前の毒力と比較したが増強の結果に至らず、人工培養は培養以前より減弱しなか
  った。諸実験と比較して後日に論及する。