報告
陸軍軍医学校防疫研究室(主幹 石井軍医正)
著者 井上隆朝
著者肩書 陸軍一等軍医
著者2 渡辺陸奥男
著者2肩書
著者3 稲葉徳太郎
著者3肩書
表題 「コレラフォルモワクチン」 ノ研究 
副題 第3報 「フォルマリン」 ノ濃度ト抗原性トノ関係 (昭和10年9月)
第297号
○秘
種類 原著
分類1 342-38
分類2 438-4
分類3  
受付 16.10.6
米国メモ有無
開始頁 297-1
終了頁 297-12
索引用人名
索引用方法 感染防禦試験
索引用材料 「コレラ」 菌株(稲葉)、海獏、「マウス」
参考文献
0
9
評価(倫理) 0
評価(軍事) 0
   
抄録 抗原物質の性状に関する諸報告を見ると濃度について詳細な実験的あるいは応用上の障碍の基因について今回濃度に関し
  文献を摘録した。実験成績を総合すると「コレラ」 菌の「フォルマリン・ワクチン」 調整時の注加濃度は殺菌性を考慮する時は、
  0.4%前後を適当とする。