報告
陸軍軍医学校防疫研究室(主幹 石井軍医正)
著者 井上隆朝
著者肩書 陸軍一等軍医
著者2 小林武彦
著者2肩書
表題 「コレラフォルモワクチン」 ノ研究
副題 第4報 菌量ト抗原性ニ就テ (昭和10年9月)
第298号
○秘
種類 原著
分類1 342-38
分類2 438-4
受付 16.10.1
米国メモ有無
開始頁 298-1
終了頁 298-5
索引用人名
索引用方法 「フォルマリン・ワクチン」 注射凝集反応検査
索引用材料 「コレラ」 菌株(稲葉)、雄性家兎
参考文献
0
5
評価(倫理) 0
評価(軍事) 0
   
抄録 生体内における抗体の産生度は個性、処置方法のほか度量的に関係がある。実験成績によれば使用家兎の健常凝集価20-
  320倍の間にある。4mg,2mg,1mg,2000分の1mg「コレラ・フォルマリン・ワクチン」を1回家兎の静脈内に注射して凝集反応を検
  検した。その凝集価は菌量に正比例して産生することを示し、動物の個性により多少の相異を示した。