担当者氏名 吉中丈志
作成年月日 2008/1/31
報告フェース情報
著者 田中豊實
著者肩書 陸軍軍医大尉(陸軍軍医学校軍陣防疫学教室 主任 石井少将)
著者2  
著者2肩書  
著者3  
表題 Bac. Pseudotuberculosis rodentium(Pfeifferの一変異株について
副題 前篇 変異株の発生、性状、復帰
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
311
種類 原著
分類1 447-1
分類2 311-47
分類3  
分類4  
受付 17.3.26
印刷数  
米国メモの有
米国メモ  
終了頁 311-32
索引用人名 志賀 Davenport  Neal  Neuschloss  Meisser  Morgenroth  Bieling  Richet  Bachrach  Cardot  Gay   
  Morrison  Schnabel  Gottschlich  Hankin  Leuman  Matsuschita  Skschivan  Rosenfeld  Gibson  Sabella
  梅田 穏明寺 小田 長谷川 野獄 Oesterlin  岩男 Roman  Platz  Roemisch  Kakehi   Donzello  Diena
  Zlatogoroff et Moghilevslaia  Cagnetto  Boquet  川島 生垣
索引用方法 培養 観察 血清学的性状 病原性
索引用材料 遠藤寒天 マウス 
索引用対象名 仮性結核菌変異株
索引用疾病名 結核
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦  
参考文献(欧  
写真18枚
20表
抄録様式1
背景 細菌では原虫と同じく変異株では性状が変化して化学薬品に対して耐性となり復帰する現象がある
目的 上記を仮性結核菌変異株で検討した。
方法 培養 観察 血清学的性状の検定を行い、マウスで病原性を調べた。
材料あるいは対象 培地による変化も観察した。
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 仮性結核菌変異株を作製した。
考察 これらはフクシンに対する鋭敏性を持ち、発生機転には遠藤寒天平板上での分離が作用している。フクシンの
  連続的作用で原株に復した。
結論 仮性結核菌変異株で耐性や原株への復帰を観察した。
抄録様式2
抄録  
注目すべき事項
本文中  
図表  
その他  
脚注・注釈  
備考  
担当者の考察