報告
陸軍軍医学校防疫研究室(主幹 石井軍医正)
著者 井上隆朝
著者肩書 陸軍一等軍医
表題 「コレラ・フォルモワクチン」 ノ研究補遺
副題 非経口的並ニ経口的ニ抗原ヲ以テ処置セシ場合ノ実験 (昭和9年12月)
第318号
○秘
種類 原著
分類1 342-38
分類2 438-4
分類3  
受付 16.6.30
米国メモ有無
開始頁 318-1
終了頁 318-9
索引用人名 小林武彦、石井主幹
索引用方法 毒力検定試験
索引用材料 「コレラ」 菌株(大連47菌)、海獏、家兎
参考文献
0
8
評価(倫理) 0
評価(軍事) 0
   
抄録 「コレラ・フォルモ・ワクチン」 の経口的投与の抗原性について、非経口的処置に比して常に劣っても非経口的処置を併用する
  場合は経口適量であれば感染防禦力あるいは凝集素の産生を招来する。単に経口的投与のみ実施した場合は,良結果を
  期待し得ない。予防接種実施簡易化は」防疫上考慮すべき問題と再認識し将来この改良は一段の研究の必要がある。