担当者氏名 西山勝夫
作成年月日 2007/8/15
報告フェース情報
著者 石井少将
著者肩書 陸軍軍医学校軍陣防疫学教室主任
著者2 内藤 良一
著者2肩書 陸軍軍医少佐
著者3 末尾の実験助手として、川口啓一郎、岡本次郎吉、鈴木尚志が記載されている
表題 濾水器に於ける濾水量の研究
副題 第3篇 水の濾垢係数αの性質
 出典著者
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
322
マル秘
種類 原著
分類1 150-01
分類2 151-01
分類3  
分類4  
受付 17.3.31
印刷数
米国メモの有無
米国メモ  
終了頁 322-9
索引用人名
索引用方法  
索引用材料  
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦) 2
参考文献(欧) 0
2
3
抄録様式1
背景 199号で単位時間濾水量の計算式を提示した。濾垢係数αの解知は濾水機の用法に関する各種の問題に大なる利益を輿うべし。
目的 濾垢係数αの解知
方法 実験に基づく計算式の導出
材料あるいは対象  
研究対象(実施)年月
場所
結果  
考察 各種の自然水につきαの値を知ることは濾過器の濾水量の研究として必要
結論  
抄録様式2
抄録 緒言、濾垢係数αと水中浮遊物の量との関係、白陶土水を以ってする実験、濾垢係数αと濾過表面積、水量及び時間の単位との関係、濾垢係数αと濾圧及び水の粘度乃至温度との関係、濾垢係数αの関係単位の表示法、総括並びに結論
注目すべき事項
本文中  
図表  
その他 引用文献190号の発行年月が16.12と記されている
脚注・注釈  
備考  
担当者の考察 特記すべきことなし。