担当者氏名 常石敬一
作成年月日 2007.12
報告フェース情報
著者 遠藤武
著者肩書 陸軍軍医学校軍陣防疫学教室 嘱託
著者2  
著者2肩書  
著者3  
表題 超音波の周波数と菌体破壊作用との関係
副題 第4篇 黄金色葡萄状球菌、流行性脳髄膜炎菌を以てする実験
 出典著者  
   
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
334
種類 原著
分類1 376-11
分類2 376-14
分類3 411-1
分類4 414-1
受付 17.3.31
印刷数 記載なし
米国メモの有無
米国メモ  
頁数 18
  眞田、山中、矢邊、渡邊、船戸
索引用方法 超音波
索引用材料 黄金色葡萄状球菌、流行性脳髄膜炎菌
索引用対象名
索引用疾病名
索引用地名
索引用その他
参考文献(邦) 6
参考文献(欧)
6
8
抄録様式1  
背景 「超音波に依る黄金色葡萄状球菌、流行性脳髄膜炎菌の菌体破壊力試験に関する研究少しとせず」p.2
目的 「1,120kc、560kc、280kcの周波数別に依る菌浮游液の濃度の異なる黄金色葡萄状球菌、流行性脳髄膜菌菌体の完全破壊を究明せんと試みたり」p.2
方法 「1120kc、560kc、280kc、超音波作用せしむ作用時間は1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,15,20,30,40,50,60,75,90,105,120の各分とす」p.3
材料あるいは対象 黄金色葡萄状球菌、流行性脳髄膜炎菌
研究対象(実施)年月
場所
結果
考察
結論 「(1)黄金色葡萄状球菌、流行性脳髄膜炎菌の死滅時間は大体に於て周波数に逆比例す。(2)菌の死滅時間は菌液の濃度小なる程短し」p.18
抄録様式2  
抄録
注目すべき事項
本文中
図表
その他
備考