担当者氏名 西山勝夫
作成年月日 2007/8/15
報告フェース情報
著者 石井軍医正
著者肩書 陸軍軍医学校防疫研究室主幹
著者2 内藤 良一
著者2肩書 陸軍軍医少佐
著者3 末尾に助手として今井仲司の名あり
表題 チフス免疫元の研究
副題 第2報 有価値免疫元の選抜(昭和11年12月)
 出典著者
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
337
マル秘
種類 原著
分類1 435-4
分類2  
分類3  
分類4  
受付 17.3.4
印刷数
米国メモの有無
米国メモ  
終了頁 337-15
索引用人名
索引用方法  
索引用材料  
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦)  
参考文献(欧)  
2
3
抄録様式1
背景  
目的  
方法 優良なるチフス免疫元を獲得すること、3昼夜以上生存を−とした
材料あるいは対象 チフス菌 6p 28株、マウス腹腔、免疫元総数52種類
研究対象(実施)年月 昭和11年9月15日から12年1月7日
場所  
結果  
考察 有効なるは「コクチゲン」「アセトン」を以って濃縮せしもの、菌液を「トリクロール酢酸を持って処置浸出する方法も亦試むべきなり、今後進むべき探求範囲は煮沸により「メチジウム」に移行する耐酸性成分なり、
結論  
抄録様式2
抄録  
注目すべき事項
本文中  
図表  
その他 石井肩書き軍医正に
脚注・注釈  
備考  
担当者の考察 特記すべきことなし。