担当者氏名 三宅貴夫
作成年月日 2006/1/23
報告フェース情報
著者 今瀬一夫
著者肩書 陸軍軍医学校防疫研究室(主幹石井軍医正)、陸軍三等軍医正
著者2  
著者2肩書  
著者3  
表題 2種の「フォルマリン」加コレラ菌濃縮免疫元屑の免疫効果相互比較ならびに型特異性等に関する実験
副題  
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
第2部349号
有り
種類 原著
分類1 438-4
分類2  
分類3  
分類4  
受付 S17.3.4
印刷数  
米国メモの有無 無し
米国メモ  
頁数 6
索引用人名  
索引用方法  
索引用材料  
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦) 無し
参考文献(欧) 無し
0
9
抄録様式2
抄録 コレラ菌について2種類の濃縮免疫元屑(細菌抽出液にアセトン処理をして沈降物質を濃厚に浮遊させた免疫元のこと)を作る。第1の方法は、昭和7年満州で流行したコレラ菌を培養しフォルマリン処理する。第2の方法は、同じ菌を培養しエーテルを加えて分離して上層を除去し下層の浮遊液をフォルマリン処理する。この2種の元屑の免疫能力をみたところ、血清反応では型特異性は両者とも認めないが、感染防御では型特異性を認める。これらの結果からコレラ流行時は流行菌を単独または混合菌を使って1週間程度の処理期間をおいたものが適当と思われる。
 
本文中  
図表  
その他  
備考  
担当者の考察 特になし。