報告
南支那防疫給水部
著者 井上隆朝
著者肩書 陸軍軍医中佐
表題 救急予防接種用病原菌ノ大量生産法ニ就テ
副題 特ニ室温培養応用時価値
第479号
○秘
種類 原著
分類1 394-001
受付 昭和14.10.19
米国メモ有無
開始頁 479-1
終了頁 479-10
索引用人名 遠藤
索引用方法 塗沫培養
索引用材料 「コレラ」 (原及異型)、「チフス」、「パラA及B」 「ゲルトネル」、赤痢(志賀及F型)
参考文献
0
3
評価〔倫理) 0
評価〔軍事) 1
   
抄録 救急時を考慮し、南支の地区における室温培養の価値について作業した実績を報告する。室温培養による湿菌獲得は9月の
  候においても血温の約3分の1を犠牲にすれば救急の培養対策として考慮の余地がある。「コレラ」 突発に伴う住民用多量
  予防接種液の需用に迫られた時において然りである。