日本陸軍軍医学校防疫研究報告抄録
担当者氏名 岡田麗江
作成年月日 2007.11.20
著者 小口亘
著者肩書 陸軍軍医大尉
著者2  
著者2肩書  
著者3  
表題 簡易芽胞染色法に就いて    (昭和13年6月)
副題  
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
489
種類 原著
分類1 311-
分類2 317-
分類3  
分類4  
受付 昭和11.6
印刷数  
米国メモの有無
米国メモ  
開始頁 489-1
終了頁 489-5
索引用人名 小口 亘  石井軍医正  有川義徳
索引用方法 簡易芽胞染色法 
索引用材料 染色チール氏液、脱色再染剤、 脾脱疽菌培養の芽胞
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦) 0
参考文献(欧) 0
0
4
背景 五井氏の色素置換法は理想的方法だが染色液の陳旧なものは染色の成績がよくない。
目的 染色液が長く使用でき、短時間で、染色がきれいにできる。
方法 簡易芽胞染色法
材料あるいは対 染色チール氏液、 脱色再染剤(アニリン水100t、純r硫酸0.5t、  メチーレン青原液30t)
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 簡易芽胞染色法 操作が簡単、
考察  
結論 簡易芽胞染色法、芽胞は、赤色、菌体は青色を呈する。
備考