担当者氏名 西山 勝夫
作成年月日 2008/10/17
報告フェース情報
著者 吉植 庄平
著者肩書 陸軍軍医学校軍陣防疫研究室(主任 井上大佐) 陸軍軍医中尉
著者2 実験助手として、雇員:星野一郎、永島清吉、三澤利勝、川崎明、技生:菊地寛造、大川正巳
著者2肩書  
著者3  
表題 衛生濾水機の改良に関する研究
副題 第1篇 衛生濾水機濾過管の肉厚並に表面積と菌抑留能並に濾水量との関係
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
506
種類 原著
分類1 152-03
分類2  
分類3  
分類4  
受付 S18.4.12
印刷数 不記
米国メモの有無
米国メモ  
終了頁 52
索引用人名 内藤少佐
索引用方法 濾水量と肉厚、菌抑留能と肉厚、菌抑留能と濾水量、消毒時間、消毒液洗浄時間、水温
索引用材料 共試濾過管は松風濾過管、日本濾水濾過管の12種類、上水道水、藍菌(尾能株)
索引用対象名 濾水機
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦) 10 全て陸軍軍医学校防疫研究報告第2部
参考文献(欧)
12
50
抄録様式1
背景 戦場にて濾過管使用の継続可否を判定する方法がまだ確立されていない
目的 濾水機の改良
方法 実験室実験
材料あるいは対象 共試濾過管は松風濾過管、日本濾水濾過管の12種類、上水道水、藍菌(尾能株)
研究対象(実施)年月 不記
場所 不記
結果 「肉厚と濾水量の関係」、「肉厚と菌抑留能の関係」(全体的、製造社別)
考察 「肉厚と濾水量の関係」、「肉厚と菌抑留能の関係」(全体的、製造社別)
結論 「菌抑留能に拠る最小肉厚の決定」については引き続き実験研究が必要
抄録様式2
抄録  
注目すべき事項
本文中  
図表  
その他  
脚注・注釈  
備考  
担当者の考察 戦場にて濾過管使用の継続可否を判定する方法の確立にはまだ至っていない