日本陸軍軍医学校防疫研究報告抄録
担当者氏名 岡田麗江
作成年月日 2007.11.20
著者 弘岡正
著者肩書 陸軍軍医学校軍陣防疫学教室 陸軍軍医大尉
著者2 増田知貞
著者2肩書 陸軍軍医学校軍陣防疫学教室 主任・担任指導 陸軍軍医大佐
著者3 内野仙治(医学博士、担任指導) 坂野廣代(嘱託、協力)
表題 結核菌の液体培養に関する基礎的研究
副題 第1報 血清加液体培養基培養濾液のアミノ窒素、總窒素、グリセリン定量
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
512
種類 原著
分類1 421-1
分類2 313-21
分類3 314-04
分類4  
受付 18.3.15
印刷数  
米国メモの有無
米国メモ  
開始頁 512
終了頁 512-9
索引用人名 弘岡正 増田知貞 内野仙治 坂野廣代 鈴木松治(実験助手) 櫻庭律(実験助手) 厚見 B.Proskauer, M.Beck, J.Weinzirl, J.h.Dingle, T,B.Johnson, Nocard, Roux,
索引用方法 血清・グリセリン培地製法 菌液の製法 培養菌量測定法 アミノ窒素定量法 グリセリン定量法 乾燥菌量測定
索引用材料 グリセリン 健康馬血清 人型結核菌Frankfurt株 牛型結核菌B105株 
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦) 2
参考文献(欧) 11
0
9
背景 結核菌の養素源に関する問題は、B.Proskauer u. M.Beckの広範な研究以来、極めて簡単な組成の血清・グリセリン培地でも容易に発育することが明らかになった。
目的 血清・グリセリン培地に深部発育を営む結核菌が、どのような養素をどの程度利用するかを明らかにするため、培養濾液中のアミノ窒素、總窒素、グリセリン、培養乾燥菌量を培養経過にそって測定したので第1報として報告。
方法 健康馬血清。グリセリン培地の製法 菌液の製法 培養法 培養菌量測定法 集菌法 アミノ窒素定量法(van Slyke氏容量分析法) 總窒素量定量法(Kjeldahl氏法) グリセリン定量(片岡氏法) 
材料あるいは対象 健康馬血清 グリセリン 教室保存の人型結核菌Frankfurt株 牛型結核菌B105株
研究対象(実施)年月  
場所  
結果  
考察 培養後の總窒素量は、培養中の未使用の總窒素量だけでなく、結核菌の代謝産物であるツベルクリン有効物質に含まれる總窒素量も含まれると考えられる。16週頃、自家融解により菌量の30%は減少するといわれるが今後の検討を要する。
結論 血清・グリセリン培地で、深部培養した人型及び牛型結核菌は培養第3〜4週頃アミノ窒素量の約14%を、第10週頃16%を消費。同様に總窒素量は第3〜4週頃僅かに減少、第10週頃まで変化は殆ど認めず。同様にグリセリンは、第3,4週頃50%を、第10週頃80%を消費する。乾燥菌量は、第3〜4週で約20倍に、第10週頃約30倍となる。
備考