担当者氏名 末永恵子
作成年月日 2007/10/16
報告フェース情報
著者 大塚桂太郎
著者肩書 南支防疫給水部 陸軍軍医中佐
著者2  
著者2肩書  
著者3  
表題 病原検索上ヨリ見タル海南島ノ疫学的観察
副題 なし
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
2部ー520号
なし
種類 叢報
分類1 334
分類2 222-4
分類3  
分類4  
受付 14.4.19
印刷数 不明
米国メモの有無 なし
米国メモ  
終了頁 6冊132頁
索引用人名  
索引用方法 疫学的観察
索引用材料  
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名 海南島
索引用その他  
参考文献(邦)  
参考文献(欧)  
1図
4表
抄録様式1  
背景 海南島は軍の作戦警備地としては、最南端にあたる。将来の熱帯地域での作戦に貴重な資料を与える土地である。
目的 疫学的観察をして防疫業務実施上の参考に資する。
方法 部隊員を対象とした病原検索と疫学的考察
材料あるいは対象 チフス血清、パラチフス血清、ゲルトネル血清、赤痢血清、コレラ血清、チフス診断液、パラチフス診断液
研究対象(実施)年月 昭和14年3月11日〜8月20日
場所 海南島
結果 マラリア、A型パラチフス、赤痢、結核、らいが浸淫している。ペストも発生。
考察  
結論 作戦警備にあたって、チフス、マラリア予防に重点を置き、赤痢、ペスト、コレラにも準備を怠ってはならない。
抄録様式2  
抄録  
注目すべき事項  
本文中  
図表  
その他  
脚注・注釈  
備考  
担当者の考察