日本陸軍軍医学校防疫研究報告抄録
担当者氏名 岡田麗江
作成年月日 2007.11.20
著者 弘岡正
著者肩書 陸軍軍医学校軍陣防疫学教室 陸軍軍医大尉
著者2 増田知貞
著者2肩書 陸軍軍医大佐(担任指導)
著者3 内野仙治(医学博士、担任指導) 坂野廣代(嘱託、協力)
表題 結核菌の液体培養に関する基礎的研究
副題 第4報 1.血清成分の結核菌発育に及ぼす影響 2.卵黄成分の結核菌発育に及ぼす影響
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
522
種類 原著
分類1 421-1
分類2 314-21
分類3  
分類4  
受付 18.5.5
印刷数  
米国メモの有無
米国メモ  
開始頁 522
終了頁 522-11
索引用人名 弘岡正 井上大佐 増田知貞 内野仙治 坂野廣代 鈴木松治(実験助手) 若林宏 瀧田三郎 河村六郎 鴻上光明 須藤憲三 近藤金助 厚見 貝田 Proskauer, Beck, Capaldi, Achilli, Nyren
索引用方法 血清透析法 血清分析法 鶏卵分析法
索引用材料 馬血清 卵黄
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦) 7
参考文献(欧) 3
0
11
背景 結核菌の液体培地深部培養を目的とする卵黄主体のBesredka培地、血清を主体とするKirchner培地などその優秀性が認められている。が、こんきょの分析的研究が無く卵黄のLexithin効果の有無に関しても定説がない。液体深部培養時の結核菌の養素源に関する問題、発育要約に関する問題がまだある。
目的 結核菌の深部培地である血清・グリセリン培地について、血清を透析、分析処理し、各分劃で培地を調製、人型結核菌の浮游液各種濃度のものを観察、Besredka培地における卵黄の意義の分析のため培地を調製、培養した結果を結核菌の液体培養に関する基礎的研究(第4報)として報告する。
方法 馬血清の血清透析法および分析法 鶏卵分析法(卵黄VitellinとLexithin製法、卵白AlbuminとGlobulin製法) 培地調製法(グリセリンを有、無のもの合計132種の培地) 培養法(Sauton培地にFrankfurt株人型結核菌を培養)と観察法(8週間)
材料あるいは対象 馬血清 牛腸膜 新鮮な白色レグホーンの卵Frankfurt株人型結核菌 血清。グリセリン培地 Sauton培地
研究対象(実施)年月  
場所  
結果  
考察  
結論 132種の培地を調製し、人型結核菌を深部培養し観察した。血清透析外液を5%、グリセリンを2%加えた培地は血清・グリセリン培地より結核菌の発育は良好。卵黄Vitellin5%、グリセリンを2%加培地は、Besredka培地にグリセリンを加えるものより良好な結核菌の発育を示す。血清Albumin及び血清Globulin加培地は、卵白Albumin及び卵白Globulin加培地より結核菌の発育は良好。卵黄Lexithin加培地には結核菌の深部発育不良である。
備考