担当者氏名 末永恵子
作成年月日 2007/10/16
報告フェース情報
著者 荻生規矩夫
著者肩書 京都帝国大学化学研究所 所員
著者2 中井利三郎
著者2肩書 なし
著者3  
表題 Oligodynamische Wirkungニ関スル研究
副題 希薄銀液ノ調製並ニ其ノ中ニ含有セラルル銀ノ定量ニ就テ
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
2部ー556号
なし
種類 原著
分類1 356-7
分類2  
分類3  
分類4  
受付 18.6.7
印刷数 不明
米国メモの有無 なし
米国メモ  
終了頁 6冊313頁
索引用人名  
索引用方法  
索引用材料 Oligodynamie性水、色素液、Protein銀水溶液、Collargol水液、灼熱銀浸漬液
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他 木村研究室
参考文献(邦)  
参考文献(欧)  
なし
 
抄録様式1  
背景 Oligodynamie性水の殺菌効果と含有金属濃度の関係は重要であるが、充分検討されてこなかった。
目的 Oligodynamie性水の効果が水中の如何なる金属の状態と関係するかを確定する。
方法 Feiglによる微量測定法を使って、Oligodynamie性水の銀濃度を測定する。
材料あるいは対象 Oligodynamie性水
研究対象(実施)年月  
場所  
結果  
考察  
結論 Feiglの微量銀測定法を検討し、作製した数種の希薄銀含有水の銀濃度について述べた。
抄録様式2  
抄録  
注目すべき事項  
本文中  
図表  
その他  
脚注・注釈  
備考 陸軍軍医学校軍陣防疫学教室 主任 井上大佐、実験助手 山川豊
担当者の考察