日本陸軍軍医学校防疫研究報告抄録
担当者氏名 岡田麗江
作成年月日 2008.3.22
 
著者 若杉豊市
著者肩書 陸軍軍医学校軍陣防疫学教室 陸軍一等軍医
著者2  
著者2肩書  
著者3  
表題 千葉部隊に爆発せるB型パラチフス菌の「ファーヂ」に就いて
副題  
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
575
種類 原著
分類1 436-1
分類2 319-1
分類3  
分類4  
受付 昭和18.6.11
印刷数  
米国メモの有無
米国メモ  
開始頁 575
終了頁 575-18
索引用人名 若杉豊市 平野軍医正 平野林(担任指導、陸軍二等軍医正) アセショフ
索引用方法 バクテリオファーヂ 孤立溶菌班形成試験 交叉試験
索引用材料 千葉B型パラチフス菌
索引用対象名  
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦) 0
参考文献(欧) 0
2
21
背景 バクテリオファーヂに関する研究が多いがその特異性については見解が一致していない。
目的 バクテリオファーヂに関するアセショフ氏説を実際的見地より採用し、昭和8年8月千葉流行菌と同ファーヂの特異性を調査したので報告する。
方法 バクテリオファーヂ株の作成 孤立溶菌班形成試験 ファーヂ株純培養試験 抵抗菌産生試験 交叉試験
材料あるいは対象 千葉陸軍病院入院中の該患者、保菌者32名の屎からファーヂ株2。屎から22菌株(培養第1代) 千葉B型パラチフス菌3株 業室保存B型パラチフス菌3株 昭和8年千葉陸軍部隊発生時の分離菌269株。 業室保存のチフス菌、A型パラチフス菌、赤痢菌志賀型F,Y型,豚ペスト菌、豚コレラ菌、鼠チフス菌、ゲルトネル菌、プレスロー菌。ファーヂ肉水 
研究対象(実施)年月 昭和8年8月千葉陸軍部隊に流行したB型パラチフス
場所  
結果 千葉患者からのP株に相当するB237,B426菌株(共にS型第3代)で殆ど同様の孤立溶菌班形成。抵抗菌産生試験では、Br237R型、Br426R型。千葉流行ファーヂの特異性では同代表菌に対して孤立溶菌は形成は陽性、また空孔形成試験も陽性。既知B型パラチフスに対する孤立溶菌班形成は、業室保存菌株B北原、B小高は陽性、B熊倉は陰性。業室保存のチフス菌、A型パラチフス菌、赤痢菌志賀型(F,Y)、大腸菌、サルモネラ、その他の菌に対して空孔、孤立溶菌班形成は陰性。千葉ファーヂと業室保存B型パラチフス菌のファージの交叉試験では、B熊倉菌株のみ他菌のファーヂにより孤立溶菌班を形成しない。また他の菌株R型に対して熊倉菌ファーヂも孤立溶菌班を形成しない。、
考察  
結論 千葉流行B型パラチフス菌とそのファーヂは、業室保存のB型パラチフス菌北原株、小高株とそれぞれのファーヂは相似的関係にあるも熊倉菌株とそのファーヂは性状が異なる。千葉流行菌株は、B型パラチフス菌にして、前記北原株と小高株に一致するものと認める。
備考