担当者氏名 吉中丈志
作成年月日 2008/3/22
報告フェース情報
著者 徳永一
著者肩書 陸軍軍医少佐(陸軍軍医学校軍陣防疫学教室 主任 井上大佐)
著者2  
著者2肩書  
著者3  
著者3肩書  
表題 喀痰中の結核菌検出に関する研究
副題  
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
583
種類 原著
分類1 421-1
分類2  
分類3  
分類4  
受付 昭和18.7.26
印刷数  
米国メモの有
米国メモ  
終了頁 583-25
索引用人名  
索引用方法 喀痰中の結核菌の検出
索引用材料 陸軍軍医学校第1病棟及び済生会牛込病院入院中の結核患者の喀痰
索引用対象名 結核菌
索引用疾病名 結核
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦  
参考文献(欧  
 
12表
抄録様式1
背景 体格劣弱者が徴兵されるに伴い健常兵士から結核菌が検出される割合が増えている。
目的 喀痰中結核菌の検索方法について検討し改良に資する。
方法 陸軍軍医学校第1病棟及び済生会牛込病院入院中の結核患者の喀痰を用い培養までの保存方法を検討した。
材料あるいは対象 陸軍軍医学校第1病棟及び済生会牛込病院入院中の結核患者の喀痰
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 氷室保存とそのための添加薬液にについて成績を得た。
考察 喀痰検査には新鮮な材料を使用すべきだが適切な保存液で氷室保存しても培養成績は良好である。
結論 喀痰中の結核菌の検出方法の改良に有用である。
抄録様式2
抄録  
注目すべき事項
本文中  
図表  
その他  
脚注・注釈  
備考  
担当者の考察