担当者氏名 末永恵子
作成年月日 2008/3/28
報告フェース情報  
著者 山本重美
著者肩書 陸軍軍医学校軍陣防疫教室 陸軍軍医少佐
著者2  
著者2肩書  
著者3  
著者3肩書  
表題 赤痢菌ノ分類ニ就テ
副題  
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
2部ー589号
 
種類 原著
分類1 433−1
分類2  
分類3  
分類4  
受付 18.7.19
印刷数 不明
米国メモの有無 無し
米国メモ  
終了頁 6冊480頁
索引用人名  
索引用方法  
索引用材料  
索引用対象名  
索引用疾病名 赤痢菌
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦)  
参考文献(欧)  
 
20個
抄録様式1  
背景 赤痢菌の血清学的分類法は、分類価値が低いといわれ、一方糖類の分解型式は、様々あり、分類過程では、高度な手技が必要である。
目的 赤痢菌因子血清の調整を行う。
方法 各菌株の、生物学的性状、血清学的性状を検討する。
材料あるいは対象 各種赤痢菌株
研究対象(実施)年月  
場所  
結果  
考察  
結論 軍医学校防疫研究室保有の菌株には、菌体の抗原構造において川瀬菌因子と中村菌因子を保有するものの二つがある。その菌体の抗原構造においては、駒込B因子を多量に含み、中村因子は若干量含む因子を見つけた。
抄録様式2  
抄録  
注目すべき事項  
本文中  
図表  
その他  
脚注・注釈  
備考 担当指導 嘱託 小島三郎
担当者の考察