担当者氏名 末永恵子
作成年月日 2008/3/28
報告フェース情報  
著者 横山育三
著者肩書 陸軍軍医学校軍陣防疫教室 陸軍軍医中尉
著者2  
著者2肩書  
著者3  
著者3肩書  
表題 瓦斯壊疽患者ノ統計学的観察
副題 (後報)
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
2部ー634号
無し
種類 業報
分類1 428−2
分類2 498−
分類3  
分類4  
受付 18.9.3
印刷数 不明
米国メモの有無 有り
米国メモ p173に「NITROSOL」
終了頁 7冊176頁
索引用人名  
索引用方法  
索引用材料  
索引用対象名  
索引用疾病名 瓦斯壊疽
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦)  
参考文献(欧)  
 
62個
抄録様式1  
背景 前報においては、第一次世界大戦以降の各種の瓦斯壊疽に関する文献を調査した。
目的 満州事変陸軍衛生史、支那事変陸軍衛生史(未完)、各種の業務報告、情報に基づく瓦斯壊疽患者に関する調査を報告する。
方法 創傷伝染病の全般の状況を述べ、瓦斯壊疽患者とそれに付随する参考事項を抽出する。
材料あるいは対象 満州事変陸軍衛生史、支那事変陸軍衛生史(未完)、各種の業務報告、情報
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 満州事変と支那事変とバターン半島攻略それぞれに於ける、瓦斯壊疽の発生率、発生部位、原因の傷、潜伏期、予防と治療、細菌学的検索成績、死亡率が得られた。
考察  
結論 血清の使用に関する詳細な記載を欠くものが多く、血清療法の効果を判定する確たる資料は得られなかった。
抄録様式2  
抄録  
注目すべき事項  
本文中  
図表  
その他  
脚注・注釈  
備考 担当指導 陸軍軍医少佐 出井勝重
担当者の考察