担当者氏名 西山勝夫
作成年月日 2007/8/16
報告フェース情報
著者 井上大佐
著者肩書 陸軍軍医学校軍陣防疫学教室主任
著者2 内藤 良一
著者2肩書 陸軍軍医中佐
著者3  
表題 野戦に於ける給水について
副題 一般医師及び学生に対する普及講演
 出典著者 濾水機の説明は昭和16年陸密第2472号及同年陸密2755号達に準拠
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
661
 
種類 講演
分類1 150
分類2 100
分類3  
分類4  
受付 18.9.18
印刷数
米国メモの有無
米国メモ  
終了頁 661-13
索引用人名
索引用方法  
索引用材料  
索引用対象名  
索引用疾病名 病原微生物
索引用地名 昭和12年の上海附近寶山城「コレラ」、昭和13年7月九江「コレラ」、昭和14年8月山東省博山「コレラ」、昭和13年5月阜寧、昇汞水及青酸 、昭和12年大牟田市上司同汚染より患者13000
索引用その他  
参考文献(邦) 0
参考文献(欧) 4
2
12
抄録様式1
背景 講演内容に関しては昭和19年9月10日に陸軍省認可
目的 聴者の知識水準に鑑み医学研究も重点は予防に向かうべく、研究の成果は速やかに実践に移し以って国力戦力に貢献すべく、医学及び科学の片隅に重要なる事項の存在することに就き感心と認識を求め、併せて陸軍医学が特に基礎と実践において周到且進歩せるの印象を輿え以て信頼と信倚を求むる如く留意
方法 昭和18年9月18日、日独医学協会第8回東京地方講演会として東京帝国大学医学部大講堂において一般医師及び医学生に対して行ひたるもの
材料あるいは対象  
研究対象(実施)年月  
場所 東京帝国大学医学部大講堂
結果 各試料の置かれたる水蒸汽張力、重量、吸水量、吸水率
考察 CaSO4及其を主剤とせる白墨は他の吸湿剤に比し著しく優れあるを見る
結論  
抄録様式2
抄録 戦役と戦疫、戦役と水、水の需要、野戦給水の特性、水需要の判断、水源の選択、水源の確保、検水、浄水、濾水機、配水
注目すべき事項
本文中  
図表  
その他  
脚注・注釈  
備考  
担当者の考察 評価(倫理)=戦場では人工的に細菌及毒物を以って水源を汚染せられることがあるとして、支那事変における蒋介石軍のコレラ/昇汞水・青酸使用を非人道的悪辣なる行為を実行したと非難。評価(軍事的色彩)=帝国陸軍の戦死及戦傷に対する戦疫発生比率が例に漏れず高率であることから、治療医学でなく戦疫における予防医学の重要性を水問題を中心に説いている。