日本陸軍軍医学校防疫研究報告抄録
担当者氏名 岡田麗江
作成年月日 2005・11・19
著者 一条泰一
著者肩書 陸軍軍医中尉
著者2 戸山幸三郎
著者2肩書  
著者3  
表題 予防接種液の効果に関する人体試験  其の2
副題 「コレラ予防接種液の効果に関する実験
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
67
種類 原著
分類1 438-4
分類2 342-38
分類3 350-38
分類4  
受付 15.11.28
印刷数 400
米国メモの有
米国メモ  
開始頁 132-1
終了頁 132-32
索引用人名 一条泰一 戸山幸三郎 石井四郎 北條中尉 更井中尉
索引用方法  
索引用材料 陸軍軍医学校製コレラ予防接種液、陸軍軍医学校防疫研究室製超音波コレラ予防接種液、伝染病研究所製
  コレラワクチン、北里研究所製感作虎列拉菌ワクチン、鳥潟免疫研究所製虎列拉菌コクチゲン
索引用対象名 陸軍軍医学校丁種学生 海貘
索引用疾病名 原型コレラ菌(稲葉) 中間型コレラ菌(彦島) 異型コレラ菌(小川)
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦 8
参考文献(欧 4
0
18
背景 すでに各種類のチフス、パラチフス菌、ゲルトネル菌4種混合予防接種液の人体を用いた効果に関する比較研究をして結果を報告した。
目的 コレラ予防接種液についてその効力を血清学的検査及び動物試験等により比較判定する。免疫効力は予防接種液接種前後の血清の溶菌作用に重点を置く。
方法 コレラ予防接種液5種の血清免疫効の測定、感作防禦力試験生体内溶菌試験、ナイセル・ウエッツクスベルク氏法。学生の免疫血清作成、接種による身体症状の観察。
材料あるいは対象 陸軍軍医学校製コレラ予防接種液、陸軍軍医学校防疫研究室製超音波コレラ予防接種液、伝染病研究所製コレラワクチン、北里研究所製感作虎列刺ワクチン、鳥潟免疫研究所製虎列拉菌コクチゲン、陸軍医学校丁種学生70名中身体健康な66名、海貘 原型コレラ菌(稲葉) 中間型コレラ菌(彦島) 異型コレラ菌(小川)
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 接種前の血清凝集価が100倍陽性者など多い。これは現在接種している陸医校ワクチンの効か塗考えられる。杖に凝集反応でコレラを診断するときは注意を要する。接種後の凝集価はコレラ菌型に対して超音波コレラワクチン組が高く、他組は比較にならない。補体結合反応の値も同様。生体内溶菌は超音波コレラワクチン組が強度の溶菌現象を示す。感作防御力試験では海貘生存率67%で超音波コレラワクチン組が高く、鳥潟コレラ菌コクチゲン接種組によるものは10%で最低である。接種後の反応症状は超音波コレラワクチン組がかなりの全身症状、発赤、悪寒、頭痛などがあった。
考察 超音波ワクチンの免疫元としての効果は他を凌駕するものであるが、その身体反応症状を軽減させなければならない。欠点を改善し予防接種液を完成させ、皇軍の疾病予防の任務を全うしなければならない。
結論  
備考