担当者氏名 吉中丈志
作成年月日 2008/2/24
報告フェース情報
著者 園口忠男
著者肩書 陸軍軍医大尉(陸軍軍医学校防疫研究室 部長 石井少将)
著者2 内藤良一
著者2肩書 陸軍軍医中佐 担任指導
著者3 湊 正男
著者3肩書 陸軍技師
実験助手 吉田彌太郎 菅原祐次 菊地芳太郎
表題 液体培養中に於けるコレラ菌数の消長に就いて
副題 第一報 生菌数測定について
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
754
種類 原著
分類1 438-1
分類2 438-9
分類3  
分類4  
受付 昭和18.12.29
印刷数  
米国メモの有
米国メモ 日本語で参考論文五と書き込みがある。
終了頁 754-28
索引用人名 Wilson a. Dixton Wohlfeil 岩田 泉 Sujwd Muntner 木村 Dichtl Rosenthal Schmibt Klein Hehewerth 
  Hanks a. James Wright Winterberg Soltmann Steiner Glynn Miquiel Koch Buchner Neisser Gotschlich
  Hesse u.Niedner Klombholz Buchanan Topley Tonney  Kullmann Butterfield Ziegler Halvorson Shermann  
  Gameron Wilson Jennison Gotschlich Singer u. Hoder
索引用方法 培養 観察算数
索引用材料 コレラ菌M593
索引用対象名 菌数
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦 吉村寿人 統計講義メモ
参考文献(欧  
 
10表
抄録様式1
背景 生菌量の測定値が不安定でコレラ菌の消長を調べ生菌量増加を研究するのに不都合がある。
目的 生菌数測定の手技を統一する。
方法 コレラ菌を培養し集落を集計する。
材料あるいは対象 コレラ菌M593
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 発育増殖比較の方法として平板法を採用し基礎的事項を定めることができた。
考察 平板法による原菌液中の生菌数推定式を導いた。
結論 平板法による生菌数の測定が可能である。
抄録様式2
抄録  
注目すべき事項
本文中  
図表  
その他  
脚注・注釈  
備考  
担当者の考察