担当者氏名 吉中丈志
作成年月日 2008/2/24
報告フェース情報
著者 園口忠男
著者肩書 陸軍軍医大尉(陸軍軍医学校防疫研究室 部長 石井少将)
著者2 内藤良一
著者2肩書 陸軍軍医中佐 担任指導
著者3 湊 正男
著者3肩書 陸軍技師
表題 液体培養中に於けるコレラ菌数の消長に就いて
副題 第2報 液体培養コレラ菌の発育増殖並びに各種条件下に於ける其の消長に就いて
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
768
種類 原著
分類1 438-1
分類2 438-9
分類3  
分類4  
受付 昭和18.12.30
印刷数  
米国メモの有
米国メモ 参考文献六と日本語で記載あり
終了頁 768-25
索引用人名 Lane-Claypon Buchanan 広岡 岡本 
索引用方法 培養
索引用材料 希釈液 透明寒天
索引用対象名 コレラ菌M593株 6株 石井株
索引用疾病名  
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦 広岡:液体培地内におけるブドウ球菌の発育知見補遺 防疫研究報告第2部第492号、昭18 泉:菌量測定法の
比較研修補遺 第3篇 十全会誌 第46巻.325頁,昭16 
参考文献(欧  
1〜9図
1〜17表
抄録様式1
背景 大腸菌の発育に培地の種類及び濃度、温度、pH並びに酸素が及ぼす影響についての報告は多い。
目的 コレラ菌について死滅菌ではなく菌力が強い生菌の発育に培地の種類及び濃度、温度、pH並びに酸素が
  及ぼす影響を調べる。
方法 培養
材料あるいは対象 コレラ菌M593株 6株 石井株
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 各条件下で培養したコレラ菌の消長についての成績を得た。
考察 コレラ菌の発育曲線を得たが、これまでの報告と矛盾しなかった。
結論 コレラ菌は45℃でも9時間を経ても生存するので防疫上注意を要す。選択的な培地はない。
抄録様式2
抄録  
注目すべき事項
本文中  
図表  
その他  
脚注・注釈  
備考  
担当者の考察