担当者氏名 末永恵子
作成年月日 2007/10/23
報告フェース情報
著者 児玉 鴻
著者肩書 陸軍軍医少佐
著者2  
著者2肩書  
著者3  
表題 薬剤ニ依ル原虫性疾患ノ予防、治療並ニ治療ニ伴フ免疫ノ実験的研究
副題 第1編 免疫発生日次ニ関スル研究
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
2部819号
なし
種類 原著
分類1 485ー4
分類2 362
分類3  
分類4  
受付 19.3.19
印刷数 不明
米国メモの有無 なし
米国メモ  
終了頁 8冊76頁
索引用人名 東京芝浦電気株式会社守屋氏
索引用方法  
索引用材料 アンチモン固体膠質、ネオ・ネオ・アーセミン、マウス、ラット
索引用対象名  
索引用疾病名 原虫性疾患
索引用地名  
索引用その他  
参考文献(邦)  
参考文献(欧)  
 
9表
抄録様式1  
背景 トリパノゾーマ・エヴアンジイに対する薬剤による免疫に関して治療による免疫発生日次については研究は、まだである。
目的 アンチモン固体膠質、ネオ・ネオ・アーセミンの免疫発生日次を明らかにする。
方法 トリパノゾーマ・エヴアンジイに感染させた小動物を薬剤で治療し、免疫成立の判定を行う。
材料あるいは対象 アンチモン固体膠質、ネオ・ネオ・アーセミン、マウス、ラット
研究対象(実施)年月  
場所  
結果 感染後アンチモン固体膠質による治療によって4日以降免疫が成立し、ネオ・ネオ・アーセミンでは、3日後に免疫が成立している。
考察  
結論 アンチモン固体膠質、ネオ・ネオ・アーセミンは、根治後持続する免疫を残し、前者では感染4日治療後、後者は3日治療後に成立する。
抄録様式2  
抄録  
注目すべき事項  
本文中  
図表  
その他  
脚注・注釈  
備考 陸軍軍医学校防疫研究室(部長 石井少将)
担当者の考察