担当者氏名 末永恵子
作成年月日 2008/4/7
報告フェース情報  
著者 永井東雄
著者肩書 陸軍軍医学校防疫研究室 陸軍軍医少佐
著者2  
著者2肩書  
著者3  
著者3肩書  
表題 「リケッチア」及「スピロヘータ」ノ共棲ニ関スル実験的研究
副題 (第3篇) 発疹熱リケッチア」ト鼠咬症スピロヘータ」トノ共棲
 出典著者  
 出典表題  
 出典雑誌・書籍名  
 出典頁  
 出典発行年  
 出典社名  
2部ー836号
無し
種類 原著
分類1 462−1
分類2 455−1
分類3 318−62
分類4  
受付 19.3.25
印刷数 不明
米国メモの有無 無し
米国メモ  
終了頁 8冊140頁
索引用人名  
索引用方法  
索引用材料  
索引用対象名  
索引用疾病名 発疹チフス、鼠咬症、再帰熱
索引用地名 新潟県信濃川、山形県最上川、秋田県雄物川、台湾澎湖島、マライ、泰国、仏印、東インド諸島
索引用その他  
参考文献(邦)  
参考文献(欧)  
 
3個
抄録様式1  
背景 発疹熱リケッチアと再帰熱スピロヘータおよび鼠咬症スピロヘータのマウス体内における親和性に関する研究を行ってきた。
目的 恙虫病の伝播は赤虫により、再帰熱は鼠・虱・蚤を媒介にする。鼠咬病は鼠の咬傷より罹患する。この3者は、相互に合併する機会が無いわけではないので、その共棲の難易を明らかにしたい。
方法 健康なマウスに恙虫病リケッチア乳剤を腹腔内に、再帰熱スピロヘータを皮下に摂取して混合感染を図り、単感染のマウスと対照する。そして、暗視野装置によっての検索および解剖後の標本によって検索を行う。同様に恙虫病リケッチアと鼠咬病スピロヘータとの共棲実験も行う
材料あるいは対象 マウス・恙虫病リケッチア・再帰熱スピロヘータ・鼠咬症スピロヘータ
研究対象(実施)年  
場所  
結果 恙虫病リケッチアは再帰熱スピロヘータと共棲し、後者が前者の増殖を強盛にさせる傾向を示した。恙虫病リケッチアは鼠咬症スピロヘータと共棲はするが、成長を相互に助けることはなく、むしろ阻害する働きがある。
考察 (発疹熱+再帰熱)>(恙虫病+再帰熱)>恙虫病>(恙虫病+鼠咬症)>(発疹熱+鼠咬症)=発疹熱これは、マウスのリケッチア検出率を比較した場合、多い順に左から順に示したものである.
結論 共棲状況や検出率のデータは、リケッチア症に対する混合ワクチン作製に応用可能である.
抄録様式2  
抄録  
注目すべき事項 陸軍軍医学校防疫研究報告、第2部、834号と835号に附随した研究である。
本文中  
図表  
その他  
脚注・注釈  
備考 但東指導 嘱託 医学博士 緒方規雄
担当者の考察